POP UP 大邱 대구

韓国でソウル、釜山に次ぐ都市「大邱(テグ)」は小さなブックフェアや映画祭が開催される文化的にも充実した町です。その中心的な役割を担う書店や周辺の作家にクローズアップしたPOP UPイベントを開催します。商品は即売で(品切れた場合は予約も承ります)、後半からはオンラインストアでも販売。会期中トークイベントもございます。ぜひ足をお運びください。

2023年2月3日(金)- 26日(日)

定休日:火・水・木
営業時間:月金 3−8:00pm、土日祝 3−8:00pm 

◯トークイベント
「大邱の話をしよう(アートブックフェアの話も少し)」
2023年2月11日(土)12:00- 1:30pm
参加費:500円 (当日でも入場できます。お席の確保をしたい方はご予約ください
azami(ZINE「コロナ下で推しができた話」著者)と大林えり子(ブックギャラリーポポタム店長)が大邱の町やお店、エピソードをお話しします。また10月に行われたソウル・アートブックフェアのお土産話も。お気軽にご参加ください。

◯展示内容
1)Ghost Books ゴーストブックス(キムインチョル)
ソウルで開催されるブックフェアでもおなじみの顔。代表的な独立書店で出版やグッズ制作も手がけています。オリジナルのトートバックと出版物の販売と、店主のインチョル氏がセレクトしたおすすめの10冊を手にとってご覧いただけます。(非売ですが予約を承ります)

2)tabacobooks タバコブックス(カンキタク)
イラストレーター・カンキタク氏が描く、日本のシティポップや古道具をモチーフにしたイラストの本やポスター、しおりやステッカーなどのペーパーアイテムを展開するリトルプレスです。ポポタムでは初披露となる12インチレコードのサイズのポスターや、リソグラフのポスターも販売します。

3)little room リトルルーム(リュウンジ)
イラストレーター・水彩画家のリュウンジ氏が製作する、ゴーストブックスのグッズ部門。新作のポスターやハガキ、グリーティングカードなどのプリントアイテムのほか、キーリングも販売。またリュウンジ氏の作品集、コミック、貴重な初期のアートジンも並びますので、ファンは必見です。

4)Saie Pottery サエポタリー(キムミンジ)
カンキタク氏とtabacobooksを運営しながら、親子で陶芸のアトリエ兼ショップを営むキムミンジ氏。ポポタムでは初めてのお取り扱いとなります。しっかりした土台の器に、ふんわりと優しい絵付けの器はひとめ見たときからファンになりました。前半ではまだ3点、後半に補充があります。