Books&Gallery
POPOTAME

ブックギャラリーポポタム

HOLIDAY DANCE 禮拜日的舞會

近年盛り上がりを見せる台湾のカルチャーシーンの中で、際立つコンセプトとユーモアで異彩を放つインディーパブリッシャー”nos:books”。彼らのアートブックと、台湾で活動する5人のアーティストの作品を展示します。

web

◎メインギャラリー

2017年3月17日(金)-21日(火)

平日 13:00-20:00
土日祝 13:00-19:00 会期中無休、入場無料

※3月20日(月・祝)はトークイベントのため展示のみご覧になる方は17:00までにご来場ください。

artists
CHIHOI
CHOU YI
L2C
SON NI
YUSUKE NAGAOKA

publisher
nos:books

◎EVENT
スライドトーク:台北のスモールパブリッシャーnos:booksとその周辺
3月20日(月・祝)18:00-19:30 (開場17:45)

写真と話:永岡裕介(台北在住イラストレーター・本展企画)
聞き手:中山亜弓(タコシェ店長)

料金:2000円(1ドリンク付)定員30名

2015年から台北を拠点に活動する永岡裕介と、昨年は台北でポポタム、仙台・火星の庭との合同展示を行ったタコシェ・中山亜弓を迎え、台北在住のクリエイターを取り巻く環境、現在進行形の台北カルチャーの相関図を紐解きます。

ご予約・詳細はポポタムまで(電話・メールで受け付けます)
チケットはオンラインストアでも販売しています

□ 作家紹介 □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □ □

CHIHOI/智海(チーホイ)
香港出身のコミックアーティスト。nos:booksからリリースされた作品集の他、香港のメディアにもイラストレーションやコミック作品を頻繁に寄稿している。台湾で出版された詩人の鴻鴻(ホンホン)との共著『灰掐(the train)』や、『à l’horizon』などのコミックはヨーロッパでも翻訳版が出版されている。
http://chihoi.net/

SON NI(ソン・ニ)
台湾出身のアーティスト、nos:books主宰。自身の作品をnos:booksからリリースする他、近年はフランスのコミックアンソロジー『Gouffre』にも参加するなどインターナショナルな活動を見せている。
http://www.deadtreeopenflower.com/

L2C(エルツーシー)
L2Cこと林士強(リン・シーチャン)は台湾出身のイラストレーター/グラフィックデザイナー。2010年度GEISAI TAIWAN#2では銀賞を受賞。近年はイラストレーションの枠にとどまらず、下北沢世代(台北)、駁二伊日/YIRI ARTS (高雄)でインスタレーションも含んだ展示も行っている。
http://www.l2c-art.com/

CHOU YI/周依(チョウイ)
台湾出身のアーティスト/デザイナー。自身の作品をアートブックとして自費出版リリースする他、デザインチーム「QQ STUDIO」として「SKIP SKIP BEN BEN」や「FRECKLES」等の台北インディーバンドのビジュアルイメージも数多く手がける。
http://chouyi.tumblr.com/
QQ STUDIO
http://qqstudio.net/

永岡裕介(ナガオカユウスケ)
バンドのマーチャンダイズ、イベントフライヤー、小説雑誌の装画などを手掛ける。現在は東京と台北を中心に活動している。東京の他、近年はソウル、台北、台中でも展示を行う。一昨年は台北のWaiting RoomからCHOU YIと共にアートブック「Messteeth」をリリースした。
http://www.yusukenagaoka.com/

nos:books(ノス ブックス)
2008年からSon Niが主宰するインディペンデントパブリッシャー。台湾のアーティストを中心に、毎回独自のコンセプトで数量限定のアートブックを出版している。その手法は(自身のスタジオに設けた)リソグラフ、活版印刷、カラースライド、(角度で見え方が変わる)レンチキュラー印刷など多彩であるが、どの本にも彼ららしい独特のユーモアが垣間見える。近年は海外のアートブックフェアにも積極的に参加。台湾のみならずMOTTO(ベルリン)、Printed Matter,Inc.(ニューヨーク)をはじめ、アメリカ、ヨーロッパのブックストアでも注目を集めている。
http://nosbooks.com