Books&Gallery
POPOTAME

ブックギャラリーポポタム

「街は誰のもの?」上映会&トーク

【予約受付中!】上映会・アフタートーク
10/25金 19:00–21:30 ゲスト:野中モモ[ライター・翻訳者(英日)]
10/26土 17:00–19:30 ゲスト:五十嵐太郎[建築史・建築批評家]
10/27日 17:00–19:30 ゲスト:鈴木裕之[文化人類学者]

料金:1500円(+税)+ワンドリンクオーダー
定員:各回30名
お問い合わせ:info@trashtalkclub.com
予約:ポポタムオンラインストア

※『グラフィテイロス』の上映(70 分)とアフタートーク(70 分)のセットでのイベントとなります。

※イベント時間以外はshopは通常営業(13:00 open)を行っていますので、コミックZINEの購入も可能です。

ー概要ー
ブラジル都市部にあふれるグラフィティ。それは多様なルーツ、カルチャーが混沌とするブラジルの街から生まれた社会に関わるためのひとつの手段だった。東京で活動するグラフィックデザイナーの編者が、サンパウロに滞在した半年間で体感した都市風景。そこには歪んだ社会に抗いながら、その混沌の波を巧みに乗りこなすグラフィテイロ(グラフィティアーティストのブラジルでの呼称)たちがいた。彼らが彩るその風景は、私たちが知っている街の姿を痛快に批判しているように思えた。地球の裏側、多様性の最先端をゆくブラジルストリートをコミック/映像/トークを通して多角的に読み解く。

 

ー詳細ー
01 コミック販売(予約不要)
『PAISAGEM DAS C IDADES 都市の風景』
ブラジルにおけるグラフィテイの在り方や、そこで出会ったアーティスト たちの思想を、都市論に結びつけながら描くドキュメンタリーコミック。 同時開催 ブラジルZINEコレクション 編者が現地で買い付けてきたZINEの販売を行います。

02 映像上映(要予約)
『グラフィテイロス』
グラフィティアーティスト通称“グラフィテイロ”。ブラジルの4 都市を 巡り出会った5人のグラフィテイロへのインタビューを通し、彼らが 街へ出て描くその背景と今にせまるドキュメンタリー映像。 [ブラジル2018-19/70 分/ポルトガル語音声/日本語字幕]

03 アフタートーク(各回・要予約)
◎10/25金「君は街に参加できるか?」
ゲスト:野中モモ[ライター・翻訳者(英日)]
著書『デヴィッド・ボウイ』。訳書『世界を変えた50人の女性科 学者たち』他多数。自主制作出版物のオンラインショップ「Lilmag(リルマグ)」店主。

◎10/26土「ストリートは設計できるか?」
ゲスト:五十嵐太郎[建築史・建築批評家]
東北大学大学院教授。第11回ヴェネチア・ビエンナーレ建築展日本館コミッショナー、 あいちトリエンナーレ2013芸術監督。『モダニズム崩壊後の建築』(青土社)ほか著書多数。

◎10/27日「君は何をストリートと呼ぶか?」
ゲスト:鈴木裕之[文化人類学者]
国士舘大学教授。西アフリカの音楽・ポップカルチャー・文学を研究。主著『ストリート の歌』『恋する文化人類学者』(共に世界思想社)。妻はアフリカ人歌手のニャマ・カンテ。

[イベント情報]
詳細・関連情報 WEB 
TWITTER @trash_talk_club

企画・コンテンツ制作: 阿部航太[デザイナー・文化人類学専攻] 1986年生まれ、東京都在住。ロンドン芸術大学卒業後、廣村デザイン事務所を経て 2018年より「デザイン・文化人類学」を指針にフリーランスとして活動をはじめる。

制作協力:
Trash Talk Club

Read More

かわいちひろ・かとうゆきお二人展「木陰の道で」

イラストレーターのかわいちひろとかとうゆきおの二人展。

‘寄り道して、立ちどまって、ホッとする場所で少しだけ’

◎メインギャラリー

会期:2019年10月17日(木)~10月21日(月)

時間:平日 1:00pm~8:00pm

   土日祝 1:00pm~7:00pm

         最終日は5:00pm終了

会期中無休、入場無料

 

Read More

ギャラリーレンタルについて

※現ギャラリーのレンタルは募集を終了しました。2020年4月から新しいスタイル・条件で募集いたします。なおご利用は、作品ファイル等を見せていただいてからのご相談となります。詳細は店頭またはメール(popotameアットkiwi.ne.jp)にてお問合せください。

<概要>
メインギャラリー
1週間単位(正味5日):70,000円+税
2週間単位(正味10日):120,000円+税

ミニギャラリー(shopスペースの飾り棚や壁)
1週間単位(正味5日):30,000円+税
2週間単位(正味10日):50,000円+税

※プロジェクター、什器、工具など貸し出し可能です(消耗品はご用意ください)。
※ライブ、パーティー、上映会なども可能です。
※ミニギャラリーは主に器・彫刻・アクセサリーなど小さな作品を対象にしています。絵画・イラストレーションについては、メインギャラリーの内容と照らし合わせて検討いたします。
※販売があった場合は手数料20%を申し受けています。

そのほか詳細は打ち合わせ時にて…

Read More

大島妙子・工藤ノリコ「二人会2019」

※台風19号の接近のため、10月11日(金)は5:00pmで閉店します。
10月12日(土)は一日休業、13日(日)のイベントは中止いたします。また13日(日)のギャラリー営業については、朝10時の時点で判断しSNSで告知いたします

 

毎年恒例の二人会。今年は大島妙子『やぎこ先生いちねんせい』(ななもりさちこ・文 福音館書店)、工藤ノリコ『ノラネコぐんだん ふねにのる』(白泉社)の原画を展示します。
またサイン本やグッズの販売や、絵本をお買い上げの方には二人会オリジナルのzineをプレゼント。

◎メインギャラリー
2019年10月10日(木)~10月14日(月・祝)
木・金 1:00pm~8:00pm
土・日 1:00pm~7:00pm

※最終日10/14(月・祝)は1:00pm〜5:00pm

会期中無休、入場料無料

お子様連れのご来場が予想されるため、安全第一でイベントは中止いたします
◎二人会とくべつイベント
10月13日(日)2:00pm〜3:00pm
ななもりさちこ+大島妙子「唄とトークと似顔絵と」
『やぎ子先生 いちねんせい」の二人が展示会場でイベントを行います。ウクレレ替え唄、「やぎこの部屋」、似てない似顔絵など、笑顔いっぱいの一時間です。

※ 入場無料・予約不要。どなたさまもお越しください。
※ 当日は台風接近が予想されています。交通機関がストップしたり、外出が危険な場合は中止いたします。最新の情報はtwitterでご確認ください。

   

Read More

【出張ポポタム】ポップアップ・トランスポップ

京都は出町柳のトランスポップギャラリーにて、ポポタムのポップアップショップ企画を開催します。

韓国や欧米のリソグラフの印刷物を中心に、国内外のアートブック、紙小物、アーティストプロダクトなど、さまざまなレアな商品を少しずつたくさん持って行きます。京都のみなさん、ぜひ足をお運びください。

◎京都・トランスポップギャラリーにて

2019年10月9日(水)〜18日(金)
12:00pm〜7:00pm(水〜土)
日曜は1:00〜6:00pm(日)
月曜・火曜休み

会場:トランスポップギャラリー
京都府京都市左京区 京都市左京区 田中関田町22-75

Read More

山﨑克己 紙刻繪展

厚紙を彫ったり引っかいたり剥がしたりしながら絵を創る、絵本作家・画家の山﨑克己さんの個展です。オリジナルの技法「紙刻繪」で描かれた新刊絵本の原画と、描きおろしの作品を展示販売します。

◎メインギャラリー

会期:2019年10月3日(木)~10月7日(月)

時間:
初日 3:00pm~8:00pm
金曜 1:00pm~8:00pm
土日 1:00pm~7:00pm
最終日 1:00〜5:00pm 終了

会期中無休、入場無料

Read More

これからの展示&イベントの予定

これからの展示やイベントの予定です。変更の可能性あり。随時更新していきます。

2019年
makumo個展

2020年
柴田高志 個展
井上文香(荒井千)個展
グループ展「まどのむこう」
ー改修期間ー

Read More